日本酒感想

【秋田県】濃醇旨口の日本酒 翠玉(すいぎょく)特別純米 生酒 両関酒造株式会社

翠玉(すいぎょく)特別純米 生酒

秋田県の両関酒造が造る
「翠玉(すいぎょく)」シリーズ第二弾
翠玉 特別純米酒 生酒

翠玉は「花邑(はなむら)」という
日本酒をもとに試行錯誤して造り上げた
日本酒です。

この「花邑」はあの有名な十四代を造る
高木酒造の技術指導をもとに造られたことで
有名です。

翠玉(すいぎょく)特別純米 生酒

翠玉(すいぎょく)特別純米 生酒
翠玉(すいぎょく)特別純米 生酒 裏

特別純米酒の日本酒とは

ちなみに特別純米酒とは
いったい何なのでしょう。
良くわからなかったので調べました。

1.精米歩合が60%以下
2.特別な方法で日本酒を造っていて、
ラベルにその内容を記載すること

「特別な方法で日本酒を造っている」と
いうことが重要なようです

予想ですが、たぶん精米歩合だと思います。
ラベルには麹米:55% 掛米:59%と
書かれています。

麹米、掛米とも同じ数値が多いですが、
精米歩合が異なっていることが
特別な造り方なのでしょう。

翠玉の純米吟醸と特別純米の違いは?

翠玉には「純米吟醸」と「特別純米」の2種類あります。
翠玉(すいぎょく)純米吟醸と特別純米
左が純米吟醸で右が特別純米

ラベルだけでの判断ですが
純米吟醸と特別純米の違いは精米歩合
酒米・アルコール度数は同じです。

特別純米 麹米:55% 掛米:59%
純米吟醸 麹米:50% 掛米:50%

掛米の精米歩合だけの違いで
どれだけ味や香りが変わるのでしょうか。

香り重視なら翠玉 特別純米

特別純米は白ワインのような香りが
強く感じます。
「翠玉 純米吟醸」は香りが弱めでしたので、
香りを重視するなら「翠玉 特別純米」が
オススメです。

甘味を重視なら翠玉 純米吟醸

翠玉の特別純米は日本酒度が‐4.8、
純米吟醸は‐7.1なので
純米吟醸の方が甘めでした。

特別純米も甘口ですが、酸味もあり
純米吟醸とは違う味わいです。
ただ、どちらも美味しい日本酒ですので
飲み比べもオススメです。

翠玉の生酒は冷蔵保管となっていますが
冷やして飲むと苦みが強くなるようです。
グラスやお猪口に入れて、
常温に近い温度になると香りや甘味が
強くなり、美味しく飲めますので、
常温になるまで待ってから
飲んだ方がいいですね。

オススメ度★★★★★
吟醸香 少☆☆☆☆★多
味わい 甘★☆☆☆☆辛
濃 さ 薄☆☆☆☆★濃
飲み方 常温または冷やして飲むと美味しい

■容量 720ml
■精米歩合 55~59%
■アルコール度数 15度
■原料米 非公表(秋田県産米)
■タイプ 濃醇旨口タイプ
■1,000円~2,000円

両関酒造株式会社

〒012-0813 秋田県湯沢市前森4-3-18

あわせて読みたい
翠玉(すいぎょく)純米吟醸と特別純米
【秋田県の日本酒ランキング】本当に美味しいオススメの日本酒銘柄特約店で購入した「翠玉」や「花邑」、「福小町」「雪の茅舎」や新政酒造の「陽乃鳥」などで有名な秋田県のおすすめの日本酒をランキングしています。秋田県内で醸された日本酒を美味しい順(個人的な見解に基づき)にご紹介。美味しい日本酒を探すなら必見です。...