日本酒感想

【神奈川県】濃醇旨口の日本酒 HINEMOS「SHICHIJI」 株式会社RiceWine

HINEMOS「SHICHIJI」

いきなりですが質問です。

みなさんは日本酒選びは
どうされていますか?

大まかに下記の3パターンかと思います。

1.ブランド(銘柄)で選ぶ
日本酒にはたくさんの銘柄があり、
悩んでしまいますよね。

2.精米歩合で選ぶ
純米、純米吟醸、純米大吟醸のように
精米歩合により分けられていますが
精米歩合だけでは味わいの
判断は難しいです。

3.甘口か辛口かで選ぶ
甘口か辛口かは日本酒度で
表記されますが、
飲む人によって甘く感じたり
辛く感じたり…。

上記3パターンだと
日本酒選びって難しいです。

今回ご紹介する日本酒
「HINEMOS」は
上記3パターンとは異なる
「時間に寄り添う」
コンセプトとしています。

例えば
パーティーの始まる午後7時。
乾杯酒としてオススメの
スパークリング日本酒。

のような時間の流れに合わせて
日本酒を選ぶのはとても
分かりやすいです。

「HINEMOS」ブランドの
日本酒ですが、今回、
お声掛けいただく機会があり、
レビューさせていただくことと
なりました。

「SHICHIJI」夜の始まりを告げる乾杯酒

HINEMOS「SHICHIJI」
HINEMOS「SHICHIJI」裏

瓶の表面には7:00の文字が
入っています。
「HINEMOS(ひねもす)」とは
“全ての時間”という意味で、
「SHICHIJI」はPM7:00です。
午後7時はパーティーや夕食が
始まる時間帯。
こんなシーンに乾杯酒としてオススメの
スパークリング日本酒です。

HINEMOS「SHICHIJI」ワイングラス

今回の日本酒「SHICHIJI」は
ワイングラスで飲むのが
オススメとのことで
ワイングラスに注いでみました。

瓶の底にはオリがあり、
シャンパンと同じ瓶内二次発酵で
炭酸ガスが発生しています。

グラスに注いでみると
若干濁っていて、
泡も程よくはじけています。

早速ですが、いただいてみましょう。

HINEMOS「SHICHIJI」の風味は?

まずは香りをチェックしてみます。
グラスに鼻を近づけてみると…。

んんん!

まるで白ワイン。
ぶどうのような甘い香りが
します。

精米歩合が70%の場合、
ぬかのような香りが残ることが
多いのですが、
この「SHICHIJI」は
まったくありません。

続けて味の確認です。
ひと口含んでみると…。

おおおおおおっ!
美味しい~!!!

最初は甘さと酸味が強く、
重量感がありますが、
炭酸の具合も程よく、
甘みも酸味もスッと消えて
後味軽やかで飲みやすいです。

アルコール度数は5%と
通常の日本酒より低いですが、
アルコール感はほとんどないので
日本酒女子会の乾杯酒として
だけではなく、
お酒が苦手な方でも
美味しく飲める日本酒ではないかと
思います。

「HINEMOS」は通常よりも
小さい500mlですが、
少し飲んだだけでも満足度が高いので
500mlというサイズは
ちょうどよいと思います。

オススメ度★★★★★
吟醸香 少☆☆☆☆★多
味わい 甘★☆☆☆☆辛
濃 さ 薄☆☆☆☆★濃
飲み方 冷やして飲むと美味しい

■容量 500ml
■精米歩合 70%
■アルコール度数 5度
■原料米 国産米
■タイプ 濃厚旨口タイプ
■2,000円~3,000円

株式会社RiceWine

井上酒造株式会社(醸造パートナー)
〒258-0016 神奈川県足柄上郡大井町上大井552

“時間”に寄り添う日本酒 HINEMOS公式サイト

 

HINEMOS
「HINEMOS」は日本酒が苦手な初心者にオススメのオシャレなブランドMakuake(マクアケ)に登場したデザインにこだわった日本酒「HINEMOS」。辛口甘口フルーティーとさまざまな種類あり。日本酒離れの若者にも人気の銘柄。おしゃれなパッケージでギフトにオススメ。...