日本酒感想

【岡山県】淡麗旨口の日本酒 GOZENSHU9(NINE) 新酒しぼりたて生原酒 御前酒蔵元 株式会社 辻本店

GOZENSHU9(NINE) 新酒しぼりたて生原酒

酒屋の冷蔵庫の中を見ながら
品定めをしていると
瓶がマット調になっている
可愛らしい瓶を発見。

手に取ってラベルを見てみると
女性杜氏が中心に「旨味があってキレもある」を
テーマに造ったお酒だそうです。

しかも蔵付き酵母と乳酸菌で造る
菩提酛(ぼだいもと)とのこと

旨口とのことで
これはなかなか興味のひく日本酒。
どんな味がするのか気になって買ってみました。

GOZENSHU9(NINE)
新酒しぼりたて生原酒

GOZENSHU9(NINE) 新酒しぼりたて生原酒
GOZENSHU9(NINE) 新酒しぼりたて生原酒 裏
普通の四合瓶の日本酒より一回り小さい
500ミリリットルです。

しかも税込みで1000円ちょっとなので
気軽に買えます。

岡山県の日本酒初体験

この「GOZENSHU9(NINE)」は
岡山県の日本酒です。
しかも岡山の酒米「雄町」で
造られています。

菩提酛の特徴は

菩提酛は蔵付き酵母と乳酸菌で造る
方法で酸味が強くなる傾向があります。

早速瓶を開けてグラスに入れてみます。
グラスに入れると、にごりもなく透明です。

香りを嗅いでみると…。

クンクン。
昔ながらの酸味のある香りがあります。
私にとってはちょっと苦手な香りです。

続けて口に含むと…。

おっ! 甘い。
予想は辛口をイメージしていたのですが
非常に甘かったのです。
なかなかいい味を出しています。

もう一度口に含んでそのままでいると
だんだんと酸味と辛みが出てきます。

そして飲み込んだ後は
まるでヨーグルトのような香りです。
これが乳酸菌の匂いなのでしょうか。
また、お米の香りが長く続きます。

精米歩合が65%なので、
糠の匂いがするかと思っていたのですが
糠臭さはまったくなく、お米のいい香りが
します。

こんなに長くお米の香りが続くのは
初めてです。

これは面白い日本酒です。

辛口の日本酒なのに美味しい

日本酒度が3.0と辛口の分類に入りますが
不思議とまったく辛口には感じません。
和食だけでなく洋食にも合う日本酒だそうです。
食事には辛口の日本酒がいいと思いますが
この「 GOZENSHU9(NINE)」は
食前酒としても美味しい日本酒です。

GOZENSHU9(NINE) 新酒しぼりたて生原酒は
冬季限定商品です。

オススメ度★★★★☆ 
吟醸香 少☆☆★☆☆多
味わい 甘★☆☆☆☆辛
濃 さ 薄☆☆☆☆★濃
飲み方 冷して飲むと美味しい

■容量 720ml
■精米歩合 65%
■アルコール度数 17度
■原料米 雄町
■タイプ 淡麗旨口タイプ
■1,000円~2,000円

御前酒蔵元 株式会社辻本店

〒717-0013 岡山県真庭市勝山116