日本酒感想

【長野県】淡麗辛口の日本酒 大信州 純米吟醸 スパークリング 生 大信州酒造株式会社

大信州 純米吟醸 スパークリング 生

6月になって梅雨どころか
夏のような暑い毎日。

最近は甘い系の日本酒を飲んでいたので
たまにはさっぱり系のものが
飲みたいなぁと思って
お店の冷蔵庫を見回すと
獺祭のスパークリングがありました。

たしかにスパークリングだと
さっぱりして飲めるなぁ。
でも、獺祭スパークリングは
以前飲んだことがあり
(まだレビューはしてません…)
どうしようかなぁ…と
いろいろと日本酒を探してみると

おっ!

これは今まで飲んだことのない
スパークリング!

ということで、
今回の日本酒はこちら。

大信州 純米吟醸
スパークリング 生

大信州 純米吟醸 スパークリング 生
大信州 純米吟醸 スパークリング 生裏
パッと見るだけだと
スパークリングだとは
気づきにくい

スパークリング日本酒の注意点は?

スパークリング日本酒ですが、
シャンパンのように栓が
吹き飛ぶほどの発泡性が
あります。

じつはこの大信州の
スパークリング日本酒には
栓がもう1つ付いているのです。

商品には栓と説明のPOPが
付いていて、
よく見ると…。

開栓注意とともに開け方の
説明があり、読んでみると
「栓に尖ったもので穴をあける」と
あります。

吹き出し注意。恐る恐る開栓

説明の通り尖ったもので栓に
開けてみると…。

おおおおっ。
瓶の中で泡泡泡。
泡が瓶の中で踊るように
循環しています。

なかなかの発泡性のようです。

ふさがったままの栓を
恐る恐る外していきます。

最後はきれいに吹きこぼれずに
開栓できました。

そういえば
先ほどのもう一つの栓ですが、
最初の栓を開けた際に穴を
開けてしまったので
もう一つの栓で蓋をするための
ものでした。

大信州 スパークリングは…

大信州のスパークリングは
純米吟醸と純米大吟醸の2種類が
あります。

今回の純米吟醸はどんな感じ
なのでしょうか。

まずは香りを嗅いでみましょう。

クンクン。

ん?

クンクンクン。

んん…。

スパークリングはにごり酒なので
甘くて若干辛いような香りに
なりますが
この大信州は香りがほとんどしません。

グラスにトコトコトコ。

ひと口含んでみると…。

比較的辛口に仕上がっています。
他のスパークリング日本酒と
比べると軽やかですっきりした
後味になっています。

風味ともに全体的に大人しめの
造りになっていました。

オススメ度★★★☆☆
吟醸香 少☆☆★☆☆多
味わい 甘☆☆☆★☆辛
濃 さ 薄☆☆☆★☆濃
飲み方 冷して飲むと美味しい

■容量 720ml
■精米歩合 59%
■アルコール度数 16度
■原料米 ひとごこち
■タイプ 淡麗辛口タイプ
■1,000円~2,000円

大信州酒造株式会社
〒390-0852 長野県松本市島立2380