日本酒感想

【福島県】濃醇旨口の日本酒 写楽(寫樂)初しぼり 純米吟醸 宮泉銘醸株式会社

写楽(寫樂)初しぼり 純米吟醸

福島県の日本酒銘柄が人気に
なっています。

今回ご紹介する福島県の
日本酒は寫樂(しゃらく)です。

この寫樂は入手が困難なお酒で
特約店(正規取扱店)でも
見かけることは少ないです。

こんばんは。
日本酒好きの凄腕にっし~です。

酒屋めぐりがとても面白いのです。
なぜ面白いかというと
酒屋によって取扱いしている
銘柄が全く異なるためです。

今回の寫樂が入手できた酒屋は
静岡県にあるお店で、
以前は地元のお酒ばかりでしたが
代替わりしてから寫樂を
取り扱うようになったようです。

寫樂以外にも有名な日本酒が
たくさん置いてありました。

また、静岡に行ったときは
お酒を買いに行きます。

ここはお気に入りの酒屋なので
どこにあるのかは秘密です。

写楽(寫樂)初しぼり 純米吟醸

写楽(寫樂)初しぼり 純米吟醸
写楽(寫樂)初しぼり 純米吟醸 裏

ラベルは通常のデザインと同じですが、
上部に「初しぼり」のシールが
付いています。

通年の写楽 純米吟醸と
初しぼりの違いを見ていきます。

写楽(寫樂)初しぼりの 純米吟醸の風味は?

まずは開栓!

栓を開けると…。

「プシュッ!」とガスが抜けました。
通年の写楽との違いはここ。

今回の初しぼりは「生酒」です。
ガスが瓶の中に閉じ込められていた
ようです。

続けてグラスに注いでみます。
トコトコトコ♪

そして香りのチェック!

クンクン。

んんん。
いい香り。

柑橘系のような
スッキリとした香りです。

ネット上ではバナナの香りと
書かれていました。
また、通常の純米吟醸は
メロンのような香りだったので、
初しぼりは爽やか系。

少し時間が経つと若干
セメダインのような香りが
出てきます。

香りを楽しみながら
一口含んでみると…。

おっ!
結構濃厚な味わい。

甘みの後に酸味が出てきて
非常にバランスの良い味わい。

最後はほんの少しだけ
苦みが出てきますが、
嫌味のある苦みではありません。

苦みがすっと消えて飲みやすいです。
通常の純米吟醸と比べると
力強さを感じます。

私としてはこちらの
初しぼりの方が好きです。

オススメ度★★★★★
吟醸香 少☆☆☆☆★多
味わい 甘☆☆☆☆★辛
濃 さ 薄☆☆☆☆★濃
飲み方 冷やして飲むと美味しい

■容量 720ml
■精米歩合 50%
■アルコール度数 16度
■原料米 国産米(五百万石?
■タイプ 濃醇旨口タイプ
■1,000円~2,000円

宮泉銘醸株式会社

〒965-0872 福島県会津若松市東栄町八番七号