日本酒について

日本酒の種類と日本酒を美味しく飲むための温度帯について

日本酒の温度帯での味の変化

日本酒の種類と温度帯で味が変わる不思議なお酒

■純米大吟醸酒

原材料にはお米と水のみを使用している
精米歩合が50%以下
フルーツのような華やかな香り

旭酒造の獺祭や楯の川酒造の楯野川は
すべて精米歩合が50%以下の
純米大吟醸になっています。

獺祭 元旦届け 磨き二割三分 遠心分離 おりがらみ

■純米吟醸酒

原材料にはお米と水のみを使用している
精米歩合が60%以下
華やかな香り

こちらは比較的入手しやすい種類で
手軽な価格で種類が多いのも特徴です。

たかちよや花陽浴や写楽など多くの銘柄で
採用されています。

写楽(寫樂)純米吟醸

■純米酒

原材料にはお米と水のみを使用している
精米歩合に指定なし
お米の香りや味がする

十勝初仕込み 純米酒

■特別純米酒

原材料にはお米と水のみを使用している
精米歩合が60%以下
純米吟醸酒よりも特別な造りをしている
香りは良い

翠玉(すいぎょく)特別純米 生酒

■大吟醸酒

アルコール添加している
精米歩合が50%以下
フルーツのような華やかな香り

◎醸造アルコールを添加している日本酒

■吟醸酒

アルコール添加している
精米歩合が60%以下
華やかな香り

◎醸造アルコールを添加している日本酒

■特別本醸造酒

アルコール添加している
精米歩合が60%以下
お米の香りや味がする

◎醸造アルコールを添加している日本酒

■本醸造酒

アルコール添加している
精米歩合が70%以下
お米の香りや味がする

◎醸造アルコールを添加している日本酒

違いはわかりましたでしょうか。

上記は特定名称酒と呼ばれています。
私がいつも飲んでいるものは「純米」の名前が付く
日本酒のみとなります。

純米酒は名前の通り、純粋にお米のお酒なので
お米しか使っていませんので
お酒の種類に「純米」と記載されているものは
アルコール添加はしていません。

逆に「純米」と記載されていないお酒は
醸造用アルコールが添加されています。

醸造用アルコールが添付される理由は
「香りがより華やかになる」「味わいを調節する」と
いわれていますが、本当かどうかはわかりません。

ただ、醸造用アルコールが添加されているお酒は
悪酔いしやすいとされています。

日本酒の温度

■雪冷え(ゆきひえ)…5℃
■花冷え(はなひえ)…10℃

冷たいと感じます。生酒、原酒、吟醸酒に
適していますが、冷やし過ぎると香りが
感じにくくなりますので注意。

■涼冷え(すずひえ)…15℃
■冷や…20℃

温度が上がると香りも変わってきます。
吟醸酒、大吟醸酒、純米酒に適しています。

「冷や」と聞くと氷が入った冷たいお水を
想像しますが、20℃くらいのお酒のことを
呼ぶのですね。

■日向燗(ひなたかん)…30℃
■人肌燗(ひとはだかん)…35℃
■ぬる燗…40℃
■上燗(じょうかん)…45℃

酸味が感じにくくなり、甘みを感じやすくなります。
香りも良くなりますが、アルコールの匂いも
強くなります。

■熱燗(あつかん)…50℃
■飛切燗(とびきりかん)…55℃

香りもアルコールもきつくなります。
ヒレ酒、骨酒などの季節の風物詩的に
楽しむ飲み方だそうです。