日本酒感想

【奈良県】濃醇旨口の日本酒 風の森 キヌヒカリ 純米大吟醸 しぼり華 油長酒造株式会社

風の森 キヌヒカリ 純米大吟醸 しぼり華 油長酒造

奈良県の日本酒初紹介です。
奈良県は日本酒の発祥の地と
言われています。

今回は奈良県の日本酒「風の森」

風の森 キヌヒカリ
純米大吟醸 しぼり華

風の森 キヌヒカリ 純米大吟醸 しぼり華 油長酒造
風の森 キヌヒカリ 純米大吟醸 しぼり華 油長酒造 裏

炭酸ガスが特徴の「風の森」

瓶詰めする前には通常、濾過をしますが、
この「風の森」は無濾過のため、
瓶の中でも発酵しています。
発酵することにより、発泡性のある
日本酒になります。

グラスに入れてみると
グラスの内側には細かい泡が付きます。

これがキヌヒカリの特徴?

香りを嗅ぐとメロンのような甘くて爽やかな
香りですが、酸味と苦みのような香りもします。

口に含んでみると

甘味がふわっと広がり、
口の中で泡がプチプチと弾けます。
このプチプチ感はクセになります。
プチプチ感のあとは甘味が出てきますが、
徐々に苦みが残ります。
この苦みは比較的強いようです。

「キヌヒカリ」というお米は初めて聞きますが、
苦みが特徴のようです。

開栓後は味が変わる?

開栓当日
炭酸のプチプチした感じは強く、
さっぱりとした風味があります。

開栓後2日目
炭酸が弱くなり甘味が増えたように感じます。
苦みが思いのほか少なくなっていました。
炭酸が苦みを強くしているようです。

開栓後3日目
炭酸がほとんどなくなり甘味がさらに強くなり
口の中で長く残るようになってきました。
苦みは少なくなり飲みやすくなりました。

好みになりますが、
シャンパンのようなシュワシュワ感が
欲しいときには開栓当日に、
甘口が好みの方は開栓して2、3日
冷蔵庫で保存しておくといいかと思います。

私の場合は甘味が強いのが好きなので
3日目の味が好きです。

「風の森」にはこだわりがあります

1.全量 純米酒
すべての日本酒は
純米酒・純米吟醸酒・純米大吟醸酒。
アル添(アルコールを添加したもの)は
ありません。

2.全量 生酒
すべての日本酒は火入れしない生酒タイプ。

3.全量 原酒
すべての日本酒は加水(水を加える)することなく、
搾ったままの原酒タイプ。

4.全量 無濾過
搾った後は濾過機などでの濾過は行わない
無濾過タイプ。

また、瓶詰めする際は酸素が触れないよう
特殊な機械を使用しています。

オススメ度★★★★☆
吟醸香 少☆☆☆★☆多
味わい 甘☆★☆☆☆辛
濃 さ 薄☆☆☆☆★濃
飲み方 常温で飲むと美味しい

■容量 720ml
■精米歩合 45%
■アルコール度数 16度
■原料米 キヌヒカリ
■タイプ 濃醇旨口タイプ
■1,000円~2,000円

油長酒造株式会社

〒639-2200 奈良県御所市1160番地