日本酒感想

【岩手県】濃醇旨口の日本酒 AKABU(赤武) 純米吟醸 結の香 赤武酒造株式会社

AKABU(赤武) 純米吟醸 結の香 赤武酒造

赤武のおどろおどろしい独特なイラスト。
お店では「この日本酒美味しいのかなぁ」と
気になって一旦は手に取るのですが
イラストをみて棚に戻してしまう
買うのにはちょっと勇気がいる日本酒でした。

しかし、今回買った赤武のラベルには
おどろおどろしいイラストは入っていない。
しかも限定といわれると

「買わなくちゃ」

ということで、お買い上げです!

怖いイラストがシンプルなロゴに。
なかなかカッコいいラベルに
仕上がっています。

限定のAKABU 純米吟醸 結の香

AKABU(赤武) 純米吟醸 結の香 赤武酒造
七田 純米吟醸 雄町50 裏 天山酒造株式会社

今回も小山商店にて購入。
本当は新政の陽乃鳥(ひのとり)を
買うつもりでしたが
新政のお酒が1本もなく…残念。

せっかく酒屋に来たから
1本は買っていこうということに
なりました。

店内の冷蔵庫にはいろいろな日本酒があり
美味しい日本酒を探すのは大変なので
冷蔵庫の棚の中で一番本数が減っているのを
探したところ、この赤武だったのです。

赤武との出会いは原価酒場かたりば

以前、「原価酒場かたりば」という
居酒屋に行った際に3種類のきき酒を
しました。
(2人でいったので全部で6種類)
その中に赤武の純米吟醸がありました。
その6種類の中でも美味しかった日本酒の
1種でした。

限定のAKABU(赤武)の味は

赤武は岩手県の日本酒です。
岩手県のお酒は今回が初めてです。

早速、お猪口へ。
まずは香りを…クンクン。

クンクンクン。

クンクンクンクン。

爽やかだけど、フルーツに例えると
なんでしょうか。
メロンのような瓜の香りがします。
またはキウイかぁと。

不思議な味わいの日本酒

口に含むと最初は控えめですが
2秒くらい経つともの凄いインパクトのある
甘味が出てきます。

他のお酒は口に含むと
酸味が強いとか辛いとか甘いのように
最初から何かしらのインパクトが
あるのですが
このAKABU(赤武) 純米吟醸 結の香は
最初に「あれ?」という感じに
味が伝わるまでに間があります。

酒米の結の香とは

結の香(ゆいのか)を初めて聞きましたが
岩手県で栽培されている酒米で
「山田錦」「華想い」の子供だそうです。
山田錦は香りがフルーティーになると
言われていますが、
この結の香は香りは控えめです。

オススメ度★★★★☆
吟醸香 少☆☆☆★☆多
味わい 甘★☆☆☆☆辛
濃 さ 薄☆☆☆☆★濃
飲み方 常温または冷して飲むと美味しい

■容量 720ml
■精米歩合 50%
■アルコール度数 16度
■原料米 結の香
■タイプ 濃厚旨口タイプ
■1,000円~2,000円

赤武酒造株式会社

〒020-0857 岩手県盛岡市北飯岡1-8-60