日本酒について

知っておくと日本酒選びに役立つ用語集

日本酒のタイプ分け

日本酒のタイプとして味と香りを目安にした
「薫酒」「爽酒」「醇酒」「熟酒」の
4タイプがあります。

●薫酒

果物にような香りとフルーティーな味わいの日本酒。
パイナップルやリンゴ、メロンのような吟醸香がする。
冷やして飲むと美味しい。冷やしすぎると香りが少なくなるので注意。
大吟醸酒、吟醸酒がこちらのタイプ。

●爽酒

みずみずしい香りとシンプルで爽やかな味わい。
苦味が少なくて飲みやすい。
冷やして飲むとスッキリとした味になる。
普通酒、本醸造酒、生酒がこちらのタイプ。

●醇酒

米のもつ炊きたてのご飯のようなふくよかな香りと
甘味、旨味のある味が特徴。
常温またはお燗では味わいが増す。
純米酒、生酛がこちらのタイプ。

●熟酒

熟成した日本酒の芳醇な香りと濃厚な味わい。
ドライフルーツやシナモンのような香りがある。
長期熟成酒、古酒がこちらのタイプ。

よく出てくる日本酒の用語

●火入れ

搾った後の貯蔵前と瓶詰めする前それぞれ1
回ずつ火入れをした日本酒。
最近は瓶詰め前ではなく、瓶詰めした後に
火入れをすることもあります。

●生酒

搾ったあとに火入れは一切せず、
フレッシュな風味を生かした日本酒。
出荷後も発酵してしているので要冷蔵。

●生詰め酒

貯蔵前に1回だけ火入れをし、瓶詰め前は火入れをせずに
出荷した日本酒。

●生貯蔵酒

貯蔵前の火入れは行わず生酒のまま貯蔵し
熟成後の瓶詰め時に火入れを行った日本酒。

●原酒

搾りを終えたお酒に加水せず搾ったままの度数で
出荷される日本酒。
アルコール度数は18~20度程度。

●荒走り(あらばしり)

醪(もろみ)を搾った際に一番最初に搾り出る部分。
澱(おり)が混ざり風味はパワフル。

●中取り、中汲み、中垂れ

荒走りの後に搾り出される中間部分の日本酒。
もっとも味が安定している。

●にごり、うすにごり

目の粗い網や布で醪を濾して白濁したままの日本酒。

●瓶(燗)火入れ

通常、日本酒は蛇管という熱交換機を通して
火入れするが、火入れによって風味が
逃げてしまうので、瓶詰めしてから湯煎することで
風味が逃げず品質を守る。

⚫精米歩合

米の表面を削って中心部の残った部分の割合。
玄米の状態を100パーセントとする。
米を磨くほどきれいな日本酒になると言われる。
米の旨味を生かした低精米のお酒も販売されている。

⚫麹米、掛米

麹米は米麹のもととなるお米のこと。
蒸し米に麹菌を繁殖、糖化、アルコール発酵時に原材料を溶かす役割を果たす。
掛米は原材料として使われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 日本酒について

    日本酒の種類、温度、飲み方について

    日本酒の種類◎醸造アルコールを添加していない日本酒■純米大…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 【濃醇旨口の日本酒】楯野川 純米大吟醸 出羽燦々 中取り 楯…
  2. 山梨銘醸株式会社 イベント情報
  3. 【濃醇旨口の日本酒】菩提もと仕込み 醍醐のしずく 株式会社 …
PAGE TOP